読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は世界を愛してる!

日記、食べたもの、飲んだもの、備忘録、思ったこと、などなど

土曜のこと

ブログ開始から100日!
記念!
でも特になにもないぞ!

飽き性の私がよく続けてるよと自分で感心しております。

まぁ、書き忘れてもあとから時を操って前日分が書けるのがありがたいよね。
これからも遠慮なく時の魔術は行使して行きたいと思います!!!!!



そして今日は昨日の続き。
つまり二時間しか寝てないぞ!
テンションは高めだ!

そんなコンディション最悪な中、映画を2本連続で観てきたのですよ。

我ながら無謀。
2本目なんか危うく上映中に涅槃るとこであったわ。


観てきた映画1本目。

この世界の片隅に

これな、マジで良いぞ。
アニメ映画で私史上ナンバー1。

全体の完成度はメチャ高い。

アニメーションも音響も素晴らしい。
これは映画館で観るべき。マジで。

語彙力の無い私は中々魅力を伝えるのが難しいけど、とにかく素晴らしいんだ。


めちゃくちゃ疲れてたのに一度も眠くならなかった。

食い入るように没入してた。

とりあえず、戦時中の話しなのに説教くさくないよね。
クサイテーマじゃない。

淡々と、でも濃密にすずさんの半生を語りかけられる映画。


泣けそうなシーンは途中あったけど、泣かなかった。
むしろ、全部終わって館内の照明が付いてから涙が溢れそうだった。


本当に本当に、素晴らしかった。
ぜひ皆さんにも観ていただきたい。劇場で。

私ももう一回行こうかな。



そして2本目。

◆劇場版 艦これ

「この世界の~」と同じく戦艦大和巡洋艦青葉が出てくるけど、落差が激しいw

とりあえず感想を簡単に言うと「テレビ版を見た人は観とけ」ってことだ。


詳しいネタバレは避けるけど、救われるから。
テレビ版を見た人たち、救われるよ。

あと、艦これ世界における謎の、1つの答えが示される映画って点でも見る価値はある。
もちろん、公式からそのような「答え」が示されるのが嫌な提督たちもいるだろう。そういう人たちは観んでよろしい。


映画のデキとしては中の中ってとこだけど、上記の通り観る価値は確かにある。

時津風かわいい。天使。



おわり