読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺は世界を愛してる!

日記、食べたもの、飲んだもの、備忘録、思ったこと、などなど

四泊五日の沖縄旅行記~3日目~

沖縄滞在3日目。
この日は会社のクルーザーでクルージング&シュノーケリング&釣り。

f:id:namari0015:20161030232308j:plain
朝食。
このオムレツめちゃ美味し。


f:id:namari0015:20161030232333j:plain
このクルーザーに乗ります。
しかし、燃料が入っていないという痛恨のアクシデントにより燃料到着待ちw

待ってる間に海上保安庁の艦とか見てました。
f:id:namari0015:20161030232451j:plain
f:id:namari0015:20161030232457j:plain
カッコよし。

f:id:namari0015:20161030232526j:plain
f:id:namari0015:20161030232535j:plain
1時間ほど炎天下の下で待った末の燃料補給。


いざ出発!

f:id:namari0015:20161030232627j:plain
船長の背中。作業着がニクイw


f:id:namari0015:20161030232654j:plain
台湾に来てる台風の影響で結構揺れる船上。

f:id:namari0015:20161030232723j:plain
f:id:namari0015:20161030232729j:plain
f:id:namari0015:20161030232735j:plain
f:id:namari0015:20161030232745j:plain
場所によって海の色がぜんぜん違うのは面白いですね~。

そしてポイントに着き、まずはシュノーケリング
いやね、私も予想外だったよ?

3人中2人がシュノーケリング未経験者がなのに、
いきなり海のど真ん中で「さぁ行ってこい!」されるとは思ってなかったw

しかもね、前述の通り台風の影響で潮が結構早いのよ。

流される流されるw

マジで焦ったねw
私以外の2人はシュノーケルの使い方もフィンの使い方もままならないし、みるみる離れていく船w(実際に離れているのは私たちw)

ものすごくキレイな海中を見るのもそこそこに、「これは戻らねばマズい」ということで戻ることに。

しかし泳げど泳げど船が近付かず、無くなっていく体力w
先に力尽きた彼女を抱え、全力を出し切ってなんとか帰還。
足つりそうだったw

必死の形相で戻ると船長が一言

「いつSOS出してくるか待ってたよw」

おいw


とまぁそんなこんなで次は釣り!
ってんでポイント移動。
その間、体力を使い果たした彼女は船酔いも相まってダウン。ついでに海に対する恐怖がトラウマになり、これが明日の予定を左右する結果になりますがそれは明日の方に書きます。


釣りはボウズでもなく順調でもなく、釣果8匹。
まぁ3人で食うなら問題ないでしょうという数。
ただ、本命だったグルクンが釣れなかったのは予想外でしたw


クルージングを終えて施設に戻った我々。
彼女ともう一人の同行者は部屋でダウン。
私は施設近くを散策に。


f:id:namari0015:20161030233935j:plain
フォトジェニックな廃車。

f:id:namari0015:20161030233942j:plain
そうでもない廃車。

f:id:namari0015:20161030234006j:plain
沖縄っぽい家。

f:id:namari0015:20161030234018j:plain
沖縄って、「居酒屋」じゃなく「居食家」って表記のお店が多いですな。
なぜなんでしょう。

f:id:namari0015:20161030234106j:plain
石垣の猫。近寄ろうとしたら即逃げた。



夜になり、夕飯を食べるために彼女を叩き起こして繁華街へ向かいます。

1件目は島おでんと八重山そばオンリーの店。
マジでメニューがこの2種だけ。

f:id:namari0015:20161030234202j:plain
オジー自慢のオリオンビール

f:id:namari0015:20161030234221j:plain
島おでん。
島豆腐の厚揚げとテビチがめちゃくちゃ美味かった。

f:id:namari0015:20161030234401j:plain
f:id:namari0015:20161030234407j:plain
3日目にして初の八重山そば
ここのお店、メニューがこれだけってのも納得いく。
両方マジでうまい。

店の雰囲気もサイコー。
キップの良い女将さんが切り盛りしていて、沖縄らしいまったりとした空間でありました。

こちらをサクサクっと後にし、2軒目へ。

f:id:namari0015:20161030234642j:plain
f:id:namari0015:20161030234653j:plain
f:id:namari0015:20161030234703j:plain
f:id:namari0015:20161030234715j:plain
こちら、アダンとオオニシワタリの天ぷら。
ダンは「処理が大変で可食部が少なく、その割に美味しくない」とWikipediaにボコボコに書かれている植物ですw

しかし食べてみるとわりと美味しい。
あれやね、その面倒な部分を全部人任せに出来ればなかなかいい食い物なんですねw
自分でやってまで食いたいものではない、とw

f:id:namari0015:20161030235117j:plain
f:id:namari0015:20161030235120j:plain
f:id:namari0015:20161030235129j:plain
石垣牛の握り、みたび。
と思いきやこちらは三崎牛。

店のせいもあるかもしれませんが、正直こちらの三崎牛の方が美味しかったですわ。


お腹もいっぱい、程よく酔いどれになったところで帰路へ。
波乱に満ちた一日でございました。


4日目に続く。